7月末までに報告があった全都道府県の熱中症の件数を取りまとめたところ、昨年の同時期の状況により報告件数が多くなっていました。熱中症の発症のピークが、一般的に7月から8月であることを踏まえ、8月以降においても、職場における熱中症予防対策のさらなる徹底が必要です。

厚生労働省では、労働災害防止団体などと連携して、「STOP!熱中症クールワークキャンペーン」を展開し、職場での熱中症予防のための重点的な取り組みを進めています。

各事業所でも、事業者、労働者の皆様ご協力のもと、熱中症予防に取り組みましょう。

案内詳細はコチラから

Total Page Visits: 105 - Today Page Visits: 2